世界一周の、あれやこれや。

アイアムジャパン、ビッグガール!

【ペルー】スカイレイクタウンプーノ

ウロス島ツアーを終え、昼過ぎにハーバーチチカカに到着。

チチカカ湖をクルーズできたのは良い経験だったな!

近くの食堂でチチカカ湖で採れる名物、トルーチャ(マス科の魚)をいただき、満足。

f:id:kaasatrip:20180523201815j:image

 

鮭みたいなお味(´∀`)

 

 

そのあとはちょっと街中をぶらぶらしたのち


f:id:kaasatrip:20180523201829j:image

(広場では真剣モードでデモやっててちょっと怖かった。)

 

チチカカ湖を見渡せる丘を目指してみました。

 

 

ていうか…!

坂きっっっつ!


f:id:kaasatrip:20180523201825j:image

 

 

実はプーノは標高3800メートル…富士山じゃん!

そんなとこからさらに登ってくので、そりゃきついわ。

 

何度も何度も休憩しながら登る。

途中の小さな売店でインカコーラ買ったりしました。

 

坂が終わったと思ったら、今度は階段…
f:id:kaasatrip:20180523201833j:image

 

脇の原っぱには野羊が。。。
f:id:kaasatrip:20180523201821j:image

 

野生の羊て。。。

またすごいとこに来てしまったなあ。

と思う暇もなく、苦しい!!

 

しかし目的地はついに!

f:id:kaasatrip:20180523202913p:image

 

標高4000メートル!登ったーーーー!!!

その景色はこんなでした。

 

 


f:id:kaasatrip:20180523202917j:image

 

空が近いっ!

 

 

そしてここはコンドルの丘というらしく、

コンドルさんが鎮座してました。


f:id:kaasatrip:20180523202910j:image

 

とりあえず、一緒に飛翔のポーズ。
f:id:kaasatrip:20180523202906j:image

 

 

もうちょっと腕曲げてよかったな。笑

 

このコンドルはめっちゃ写真映えするんですが

f:id:kaasatrip:20180523203928j:image

 

近くでみると意外と手作り感が…

これもこれで、よいか!
f:id:kaasatrip:20180523203933j:image

 

 

今日も沢山動いたので、夕飯も昨日の中華料理屋で中華三昧!

f:id:kaasatrip:20180523203919j:image
f:id:kaasatrip:20180523203936j:image

 

 

 

おなかぱんぱんぱん!

 

 

【ペルー】チチカカ湖のウロス島ツアー

プーノ着いた翌日はチチカカ湖に浮かぶウロス島のツアーに参加!

 

このツアーは前日プーノ着いたときにバスターミナルで予約しました。

ツアーに参加しないと行けないとこらしい!

 

お姉さんに9時にホテルピックアップよ!と言われてたが8時45分くらいにお迎えが!

早めに来られることに慣れてない私たち。(大体バスとか遅れて出発するからね!)バタバタと準備して出発。

私たちの他に6人くらい参加者が。どうやらみんなスペイン語圏の方々。遅れたうえに、肩身がせまい。。。ごめんね

15分ほど歩いてチチカカ湖の船着場に到着です。

f:id:kaasatrip:20180522212709j:image
f:id:kaasatrip:20180522212703j:image
f:id:kaasatrip:20180522212714j:image

(なんか道中ツッコミたいものたくさんあったな…)

 

 

ハーバーチチカカ

f:id:kaasatrip:20180522215356j:image
f:id:kaasatrip:20180522212655j:image

 

船の1番前に座れたので、運転手の船捌きをまじまじ見れました。

f:id:kaasatrip:20180522212948j:image

手元にはリンゴ。そして足元にはコカの葉が入ったビニール袋があった。いいね!

 

後から船に乗って来た人たちもいて、ツアーの参加者は全部で20人くらい。みんなスペイン語。しかし英語できる子がフレンドリーに話しかけてくれました。優しいなあ…!

コロンビア出身でペルーに留学してるけど、今日は休みだから観光しに来たんだそう。へぇ〜!

 

そして今日のガイドが乗り込んで来て、船出発。だんだんと藁が生えたエリアに突入してきます。

f:id:kaasatrip:20180522213332j:image

 

ガイドのおじさんがツアーの概要を説明してくれました。スペイン語で説明したあと英語でも喋ってくれたけど…よくわかんないので聞き流し。なんとかなるでしょう!笑

 

そしてウロス島に到着〜

f:id:kaasatrip:20180522213720j:image
f:id:kaasatrip:20180522213735j:image

島民のウル族と呼ばれる方々がめっちゃ歓迎してくれました。

 

この島のプレジデントだというおじさんとガイドのおじさんでウロス島についてのレクチャー。
f:id:kaasatrip:20180522213646j:image

…とりあえず、藁でできた島っていうのと、チチカカ湖のカカはプーマっていう意味ってことはわかった。湖の形がプーマなんだってー。

(チチの意味は謎です。笑)

 

そのあとは小グループに分かれ、おばちゃんが個人宅を訪問させてくれました。


f:id:kaasatrip:20180522213638j:image

 

写真撮っていいのかわかんなかったけど、生活臭がすごかった。

 

そして女の子と猫がひたすらかわいかった。
f:id:kaasatrip:20180522213712j:image
f:id:kaasatrip:20180522213801j:image

 

えみりさんは民族衣装着て先ほどのプレジデントと写真撮ってた!

 

 

しかしこの空気…ちょっと苦手。なんかおもてなしされ感がすごい。

観光事業がこの島のメイン産業なんだろうけど、すごい型にはまっちゃってる気が…。どうせみんな、プーノの街に出てポテチとか食べてるんでしょみたいな。ダメだなー。ピュアでないなー。

 

最後この藁で作った船に乗ろうと言われたけど、お金べつにかかるそうなので乗らないって言ったらすごい白い目で見られ。さっきまでめっちゃ優しかったやん!!
f:id:kaasatrip:20180522213746j:image

 

また心が荒んでしまった…

疲れたのか、帰りの船では爆睡でした。

 

うん。このツアー、、、私はあんまり好きになれなかった(´・ω・`)けど、チチカカ湖満喫した感はある!

 

 

クスコ→プーノ

たまごゲップ病から始まったクスコでしたが、最後は日本食三昧できて大満足に終わりました。

居心地良いしまだ居てみたい街だけど、今度はボリビアを目指して移動開始!

今日はペルーの国境の街、プーノを目指す!

 

プーノへはバスで移動。ペルーの最大手、クルスデルスルを利用しました。事前にネットで予約。29ソル、約1000円。ちょっと安くなってたんだっけな?

 

8時にバスは出発するので、7時にタクシー呼んでもらって出発。

クスコの坂道を早朝急ぐのはキツイ!ってことでタクシー。えみりさんとシェアだしいっか!笑

 

さよならクスコ。

 

f:id:kaasatrip:20180522170012j:image

 

ちなみにこちらの銅像、インカ帝国の初代皇帝のおかた。ペルーのいろんなとこで見かけました。

f:id:kaasatrip:20180522170105j:image

これはマチュピチュにいたやつ。

 

しかしこのかたのお名前…マンコカパック。

 

いや、放送禁止用語…。今まで変な名前の場所はたくさんあったけど、こういうのは初めてだ。笑

そして今日のプーノの宿の名前は、マンコカパックホテル。…大丈夫だろうか!

 

そんな不安を抱きつつバス出発。

 

ひたすら壮大な眺めが続きました。

f:id:kaasatrip:20180522170517j:image
f:id:kaasatrip:20180522170444j:image

 

飽きなかったなー!アンデスの山はほんとキレイ。

 

 

そしてお昼ご飯はチーズベーグルとオレンジジュースが出てきた。


f:id:kaasatrip:20180522170501j:image

 

…ちょっとしょぼかったかな(´∀`)

でももらえるだけありがてえです。

 

そして見えてきたプーノ

f:id:kaasatrip:20180522171220j:image

遠くに見える湖があのチチカカ湖!

日本ではアジアン雑貨屋で有名になってますね。これは名前かわいいし。皇帝の名前と違って。

そしてインカ帝国発祥の伝説の湖!

道理でホテルとかに皇帝の名前つけちゃうわけだ。笑

 

14時半頃プーノに到着。バスはターミナルに着きました。20分ほど歩いて宿へ。

 

噂のマンコカパックホテルは至って普通の安宿でした。

f:id:kaasatrip:20180522172100j:image

f:id:kaasatrip:20180522225908j:image

ただこちらも個室のみの宿。プーノもあんまりゲストハウスはないみたい。

 

よいしょー!って荷物置いて少し休憩し、お昼ご飯少なかったからすぐ夕飯を食べにメルカド近くの中華料理屋へ。

 

昨日に続き、アジア系食事に飢えてました。笑

でも美味しいって噂だったのでワクワクで店内へ。

お店の人はたぶん中国人。最初中国語のメニュー持ってきてくれました。値段も元で書いてあった。笑

 

なんか、中国人にも親近感が湧いていましたこの頃は。

 

海鮮焼きそばとスープ

f:id:kaasatrip:20180522173953j:image
f:id:kaasatrip:20180522173622j:image

 

おいしかったなあ!

 

 

 

 

 

マチュピチュ村→クスコ

マチュピチュ堪能した翌日は、4時起き…。はっやー!

 

この日は鉄道使ってマチュピチュからクスコに戻ったんですが、列車の料金が時間によって全然違うのです!

行きに使ったお昼出発の電車は58ドルだったんだけど、帰りの今回は28ドル!全然お得!始発は人気がないらしい。

帰りは少し頑張りますか〜ってことで、始発電車に乗るためにこの時間に起きました。

 

私たちが4時半に朝ごはん食べたいって言ったら、ゲストハウスで用意してくださった!おばあちゃんありがとう!

そういえばクスコでもそうだったんだけど、パンについてくるマーガリンがいつもボール型ででてくる。

それ専用のナイフがあるらしい。ほしい!クスコで探そ!

 

さて、電車は5時半発。30分前には駅に着けました。

f:id:kaasatrip:20180522125519j:image

夜明け前〜

 

で、列車待ってる間のロビー…

えみりさんは洗濯物を広げて乾かしていた。笑

なかなか私たちもフリーダムだったな!

 

電車乗っても外は真っ暗。景色も見えないから料金安いのかー!ほぼ寝てました。

マテ茶とスナックがもらえました。インカコーン。さすが。

f:id:kaasatrip:20180522125515j:image

 

で、気づいたらオリャンタイタンボ。今日もここには寄らずにクスコにさっさと戻ります。

しかし、トイレに寄ってたらタイミング逃したらしく、クスコ行きのコレクティーボは3時間後まで出ないと!たぶん次の列車のタイミング…

 

マジでー!っと駄々こねてたら、乗り合いタクシーでなら送ってやるというおじさんが現れた!

ひとり15ソル。約500円。ちょっと高いがまあ許容範囲か…

私たちはクスコで食べたい日本食があったり、洗濯物をなるはやでちゃんと乾かしたい。笑

という欲望き負け、コレクティーボを待たずにおじさんの車に乗せてもらいました。

そしておじさんの車でもシャツを窓辺に干すえみりさん。おもしろすぎる(・∀・)
f:id:kaasatrip:20180522125507j:image

洗濯物の間から見えるオリャンタイタンボの遺跡を眺めつつ
f:id:kaasatrip:20180522125511j:image

 

クスコへ帰還。

荷物を預けていたゲストハウスのカサデルインカに戻り、洗濯物乾かしたりして日本食レストラン、金太郎というとこへ!

f:id:kaasatrip:20180522160547j:image

f:id:kaasatrip:20180522161051j:image

 

なんか、ネットで調べてて2人でここに無性に行きたくなってました。
ここの揚げ出し豆腐が絶品らしい。

f:id:kaasatrip:20180522160635j:image

見た目からして!
ていうか日本で食べるよりも美味しそう!美味しかった!


f:id:kaasatrip:20180522160630j:image
f:id:kaasatrip:20180522160624j:image

 

お通しのポテサラ、そして照り焼き丼もおいしかったー!

 

 

 

そのあとはおみやげ屋をふらふら。

マーガリンを丸くするスプーンを探したが見つかりませんでした。無念。

でもバックパックにつける国旗ワッペンまとめ買いしたり、アルパカキーホルダーたくさん買ったり。南米での土産物をひととおり揃えることができた!えみりさんは日本へ郵便出すほど買ってたな!笑

 

そのあとも日本食。今度はうどん!慕情さんてとこ。

f:id:kaasatrip:20180522160914j:image

 

 

謎にオリンピック推しの店内。
だし強めのカレーうどんがいただけました!


f:id:kaasatrip:20180522160907j:image

 

 

そしてここで満足せず、また金太郎へ!

f:id:kaasatrip:20180522161138j:image

 

なんでこんなに日本食飢えてたのだろうか…

お昼に気になってた唐揚げを注文。
f:id:kaasatrip:20180522161144j:image

 

この唐揚げ、私ベスト10に入るおいしさ。

いやー!おいしかったなーーー!!!!!

 

クスコの金太郎、また行きたい。

なんか日本食三昧した日となりました。笑

 

 

【ペルー】マチュピチュ

温泉のことで書き忘れましたが、格闘したことがもうひとつ。

半パン生足サンダルで出かけたらアブにめっちゃ刺された!!

 

蚊じゃなくてアブ!刺されるとすごい膨らみます。

なんか足がモゾモゾするなあと思ってたら5,6匹足にくっついててぎゃあああってなった。

 

ブクブクに膨れた足の写真をカメラロールに見つけましたが醜いだけなのでアップするのは控えますが、マチュピチュ周辺逞しい生物たくさんいることを実感したので油断しないほうがいいです。

 

ということで、翌日は半パン+分厚めタイツ履いていよいよマチュピチュ遺跡へ!

ここからも歩いて数時間コースと、バスで1時間コースが。バスは片道12ドル。

地味にバス高い。しかしめっちゃきつい山登りだそうなので行きはバス、帰りは徒歩にすることにしました。体力温存(・∀・)

 

遺跡まで行ってしまうと激高の売店しかないそうなので村でサンドイッチ買ってバスに乗車。

バスのチケットは前日に買う必要あったけど、乗る時間はいつでもよいみたいでした。

 

バスは山の麓まで行き、川を渡るため一旦下車。

f:id:kaasatrip:20180522103728j:image
f:id:kaasatrip:20180522103735j:image

ここだけでもかなりよい景色。


f:id:kaasatrip:20180522103923j:image

乗り換え場には暇つぶしオブジェがありました。

観光客いない時間は相当暇なのだろう。

 

 

 

山登り専用バスに乗り換え、グングン山を登っていきます。

…歩きにしなくてヨカッター!!て感じの道程。えみりさんと、ガッツポーズ。

 

で、遺跡到着!

f:id:kaasatrip:20180522103930j:image

入り口にはどうやってここまで辿り着いたのか謎の犬たち。誰かが暇つぶしに連れてきたのだろうか。

 

そしていよいよ入場!ちなみにチケットはクスコに専用窓口があって、そこで買っとく必要がありました。

133ソルだった。…約4500円!

マチュピチュは行くのも大変だし、お金もめっちゃかかります。それでも一度は見たいとこだからね!

 

で、入ってくと…

f:id:kaasatrip:20180522105055j:image

曇ってるー!
雨でなくてよかったものの、曇ってるー!
しかし思ったより雲の動きは早い。
これはもしかして、遺跡が雲から現れる瞬間が観れるのではないか…!

 

 

f:id:kaasatrip:20180522104749j:image

f:id:kaasatrip:20180522104933j:image

 

ちょっと見えてきた!ザ・マチュピチュの風景!

ラピュタを発見したシーンのBGMが!!

 

えみりさんと喜びを噛み締め、撮影大会を開催。今回はインカコーラをお供にいい写真が撮れました。

f:id:kaasatrip:20180522105401j:image

 

f:id:kaasatrip:20180522105408j:image

 

また曇っちゃってるけどな。笑

 

まあそんな感じでひととおり満喫。

そしてマチュピチュに来てる人々の観察がおもしろかったです。

絶対履いてきちゃいけない真っ赤なハイヒールのマダムが頑張ってたり

ヨーロッパのカップルに頼まれてムービーまわしてあげたらディープキス始めたり、

日本のシニアツアーの方々に混じって解説を聞いたり、

日本語で世界平和が刻まれてたり(となりのにいちゃん決まってんな)

f:id:kaasatrip:20180522110001j:image

 

ある意味ワンピースってことか!

 

うん。よかったですマチュピチュ。人類のロマンや。

ここを最初に発見したハイラムさん、ありがとう。

f:id:kaasatrip:20180522110602j:image

 

さて、下山です。あの川が流れてるあたりがバス乗り換えをしたあたり。あそこまで歩いてきます。
f:id:kaasatrip:20180522110556j:image

 

おええ!ってなるかと思いきや、意外にイージーモード。

f:id:kaasatrip:20180522110823j:image

 

この緑の線通りに降ればよいらしい。

膝は多少ガクガクしたものの、楽しみながら歩けました。

f:id:kaasatrip:20180522110948j:image

f:id:kaasatrip:20180522111314j:image

 

14時には下界に戻れた。

またマチュピチュ村で昼ごはん食べ、お土産屋うろつき、サングリアで乾杯したのでした。

なかなか楽しいマチュピチュだった!

 

 

マチュピチュ温泉とクスケーニャ

14時にはマチュピチュ村に着き、宿にチェックイン。

今回の宿はえみりさんが予約してくれたので名前とか覚えてないんだけど、おばあちゃんとその息子がやってるこじんまり系のとこでした。今回は個室!ドミトリーの宿もあったけど、値段一緒くらいだったらしいので!

 

マチュピチュ遺跡へは明日行くので、この後はゆっくり過ごそうってことで向かうは温泉!

なんか安く入れる公衆浴場があると聞いて(゚∀゚)

街の中心を流れる川沿いを歩いてくと、だんだん渓谷風景に。

f:id:kaasatrip:20180518175627j:image

f:id:kaasatrip:20180518175848j:image

完全に温泉街に来た気分!

 

道中は謎のインカ系石像があったりしました。

f:id:kaasatrip:20180518180023j:image

 

歩いて15分くらいで温泉に到着!チケット買ったら何故か病院の連絡先もくれました。変にハードルあげますね。

f:id:kaasatrip:20180518180216j:image

 

そして温泉!

f:id:kaasatrip:20180518180328j:image

 

山々に囲まれて、なかなか絶景じゃないか!!

 

しかし浴槽はこんな感じ…

f:id:kaasatrip:20180518180426j:image

 

エクアドルのバニョスでも思ったけど、こちらの温泉は公衆プール感がハンパない。

わいわいがやがやしとりました…

 

脱衣所はなぜかうんこ臭い。

シャワーはふつうに割り込んでくる。

お湯ぬるくて子供たち泳ぎ放題。

落ち着いて浸かれるエリアに避難するも大人たちがビールで宴会状態。これはヨーロッパっぽい人々も盛り上がってました。

 

…日本の温泉を求めて行っちゃいけないとこでした。

よくわからん温まり加減で引き上げたよね(゚∀゚)

 

 

街に戻って、えみりさんとお疲れ宴会で仕切りなおしました。笑

 

ということで、アルコール解禁!

クスコでたまごゲップ病発症してから一切飲んでなかったので嬉しい!!!

こちらがインカのビール、クスケーニャ!

f:id:kaasatrip:20180518181504j:image

味は普通においしいですが、こちら、デザインがかなりイカしてます!

蓋にはマチュピチュ!

f:id:kaasatrip:20180518181646j:image

 

瓶の側面にはクスコの12角の石!

f:id:kaasatrip:20180518181731j:image

 

まさにインカビール!

 

そのあとは、これも名物だというピスコサワーってのも飲みました!

f:id:kaasatrip:20180518182000j:image

 

これはなんか甘くていつのまにか酔いそうな味!

おいしかったー!

 

今日は移動でトラブって心が荒んだり、温泉が微妙だったりしたけど、なんかまあいっかってなった。それも旅の醍醐味ってことで!

 

そしてお店の外で飲んでたんだけど、通りがかりの人々の中にエクアドルのバニョスで宿が一緒だった韓国人の女の子たちや、あとコンチキのパーカー着てる団体客が!

 

みんなマチュピチュ目指して集まってますなー!

ということで、ついに明日はマチュピチュ遺跡!

 

 

クスコ→マチュピチュ村

クスコにはまた戻ってきますが、リアル天空の城マチュピチュを目指して出発です!

まずはマチュピチュの玄関口の村、その名もマチュピチュ村を目指します。まんまやん。

 

クスコからマチュピチュ村には大きく2通りの行き方があって、ひとつは通称スタンドバイミーコース。

コレクティーボでギリギリ車で行けるとこまで行って、そこから半日くらい歩いてマチュピチュ村を目指す青春貧乏コース。お金はかからないがかなりハード。しかもコレクティーボの道のりはチキンレース。年に数回転落事故を起こしているらしい。

先にマチュピチュを訪れていたアイスランドメンバー、はるかちゃんはこっちを選んだが、道中「お母さん、ごめんなさい」と思いながら半泣きになったそう…。ある意味良い経験だけどさ!生きててよかったね!!

 

昔はこのルートしかなかったらしい…が、今は鉄道が開通!それがもうひとつの行き方!

お金がある人たちはクスコから駅に向かい、そこから2時間くらいでマチュピチュ村に到着。まさに君住む街へひとっとびコースです。

 

 

私たちもお金ないんだけど、迷った挙句今回は時間、安心、安全を優先して電車で行くことにしました。鉄道も鉄道で楽しそうだし!ここはお金払おう!

 

電車の切符は2日前にクスコにある鉄道事務所で予約しといたので、当日は電車の出発地、オリャンタイタンボ村に向かいます。

オリャンタイタンボ村まではクスコからコレクティーボで1時間くらい。実は昨日マラスに行ったときに間違えて行っちゃったウルバンバのもっと先。

ということで昨日と同じコレクティーボ乗り場!

私とえみりさんは昨日運転手と一悶着あったのでその兄ちゃんと会わないかビクビクしてましたが、無事に他のコレクティーボ会社に乗れました。笑

 

街を離れ、ひたすらアンデスの山々を見ながらオリャンタイタンボへ。(ていうかオリャンタイタンボて。笑 とか思ってましたが景色はめっちゃ立派です。)

f:id:kaasatrip:20180515190725j:image

 

実はクスコからの列車もあるらしく、途中から線路も出現してた。

オリャンタイタンボ村へはすんなり到着。

ここでゆっくり過ごす観光客もいるらしく、ちょっとだけお土産屋さんとかもありました。

f:id:kaasatrip:20180515190942j:image

 

駅前にはローカルな食堂も何軒かあったので、私たちもここでお昼ご飯食べることにしました。

家族経営っぽいとこの女の子に声かけられたのでそちらへ。

でもなんか、お好み焼きみたいの頼んでたのに違うメニューが出てきた!ご飯の上にバナナ乗ってるやつ!おとといの夜も同じようなの食べて胃もたれしたやつ!オーダーミスや!

でもしょうがない、私のスペイン語ミスだと思って食べる。

しかしお勘定が8ソル。…あれ?最初6ソルって言ってたよね女の子?

 

オーダーミスに続き、金額間違いミス!

 

しかし、、女の子全然謝らない!お母さんも女の子をかばってなのか、決まり悪そうに8ソル払えって言う…!

はい、昨日に続き、バトル開始です。今回のは完全に女の子が悪いと思う。しかし謝ればまだ印象いいのに!!

電車の時間も迫ってたので、渋々8ソル払いました。

 

なんか呆れてしまった。昨日からこう続くと、ペルー人の印象が悪くなってしまうわとえみりさんとぐちりながら嫌な気分になってしまいました。

 

私はこの電車見て少し気が紛れたが

f:id:kaasatrip:20180515203742j:image

 

えみりさんは席に座ってからもプンプンしてたら、向かいの座席に座ってた白人さん夫婦は席変えてました!笑ごめん

まあ楽しんできましょうやとなだめ、ひとまずペルーレイルを楽しみました。

f:id:kaasatrip:20180515205301j:image

 

車内はこんな感じ。給仕さん2人もおった。
そしてクッキーもらえて、飲み物も選べた!

f:id:kaasatrip:20180515204652j:image

 

チチャモナーダ?っていう紫ジュースをいただく。あまかったです。

あとずっとアンデス音楽流れてて、英語の観光アナウンスもしばしば流れてました。

 

そして天井窓!めちゃ日光が眩しい!

f:id:kaasatrip:20180515204410j:image

 

アンデスの山々をパノラマで楽しめました。

f:id:kaasatrip:20180515204532j:image

f:id:kaasatrip:20180515204610j:image

 

電車にして正解だったな!

 

しかしペルーレイル、ここだけだとザ・観光列車って感じだけど、ローカル向けの別車両もあるらしい。しかしそのシートはペルー人しか買えないくて、半額以下だそう。

…なんかせこくない( ゚д゚)?

 

でも思い返せばタイのワットポーやインドのタージマハルも国民料金が設定されてたなあ。

途上国はこういうところで儲けないとだからか…と、無理矢理だけど納得。

 

 

なんだかんだあったけど無事、マチュピチュ村に到着〜

f:id:kaasatrip:20180515210740j:image

 

 

f:id:kaasatrip:20180515210914j:image

f:id:kaasatrip:20180515211036j:image

日本のどっかの温泉街みたいな雰囲気!ええですな!

 

この後あらかじめ予約してた宿に向かう途中も、道聞くとあわよくばこっちの宿泊まってけ野郎たちに出くわしましたが、なんとか目当ての宿に到着。

 

 

疲れたー!

さすが世界有数の観光地マチュピチュ。隙見せるとすぐお金持ってかれそう。気をつけよう。

と思った移動でした。ちょっと心荒んだ_(┐「ε:)_

 

 

【ペルー】マラスの塩田とか

ちょっとした観光スポット、14角の石をみたあとは中心地を外れ「マラスの塩田」をみに行くためにコレクティーボ(バン)乗り場へ。

コレクティーボはそれぞれのバス会社で出発地が違うということはなく、出発地と言われるエリアに行って行き先アピールしてればこれに乗れ!っていうシステムでした。これもこれでリスキー。

 

てことで、今回は見事にトラブりました!

正しいコレクティーボに乗れたものの、途中で降りるはずが終点のバスターミナル前まで連れてかれることに…!

行き先言っといたんだから声かけてよ!!

と、運転手とモメるえみりさん。スペイン語でまくしたててて、運転手怯んでました。さすが。笑

ただ運転手も負けておらず、5分くらい言い争いに…結局、運賃を半額にしてもらえました。

すごい。私だったらすぐ泣き寝入りするとこなのに。

それでもえみりさんは納得いってなかったっぽい。プンプンしてるのをなだめました。笑

 

ウルバンバという変な名前の街で降ろされました。一旦バスターミナルの中に入り、今度はマラス!って言って運転手の席の後ろに乗り威圧をかける。そしてやっと正しいとこで降りれた。ちょっと小屋があるくらいのとこ。これはイチゲンは見過ごすなー。

これだけでかなり疲れたー!

 

そこからまたマラスの塩田の近くまで行ってくれるタクシー(ホンダ)をチャーター。30ソル。相場らしい。

 

このタクシーの運ちゃんは20歳くらい。見た目チャラかったので不安でしたがしっかり仕事してくれました。崖のきわっきわを走ってくのでハラハラだったけど!

そんで見えてきた「マラスの塩田」

f:id:kaasatrip:20180514095737j:image

(ここまで道中の写真なし。相当気が張ってました。。)

 

 

お。なんかすごいかも!?

 

昔ながらの方法で塩を生産してるとこらしいです。

f:id:kaasatrip:20180514100145j:image

 

なんか温泉が湧き出ててそれを利用してるらしく、ちょっとあったかい。なんかいい気分!ミネラル!って言いたくなる。

 

 

ただ、イメージしてたのはこのチケットみたいな白い塩田。

f:id:kaasatrip:20180514100405j:image

比べてしまうとそんなに白くない!笑
どうやら乾季がシーズンみたいです。それでも十分綺麗だったけど。

えみりさんは記念に塩も買ってました。

 

しかしこういうとこって来るまで大変だけど、来たら来たで結構あっけないっすね。15分くらい見ておしまい。

タクシー兄ちゃんに最初20分で戻ってきてよ!って言われてええ〜って思ってたけど、全然大丈夫だったわ…観光地あるあるだわ…

 

 

タクシーでコレクティーボ乗り場小屋まで戻ってもらい、そこからクスコへ帰る。

帰りのコレクティーボでは、日本語ちょっと喋れるペルー人の兄ちゃんと仲良くなりました。アメリカで留学経験もあるというなかなかなエリート。里帰り中でお母さんと弟も一緒だった。ちゃんと親孝行してるなー!

 

そんなこんなで19時過ぎにクスコに戻ってきた。疲れたー!!

と、いうことで今日は夕飯奮発!

オーガニック推しの店で、噂のアルパカ肉を食べました!

 

f:id:kaasatrip:20180514101606j:image

ごめんねアルパカ!でもおいしかったよー!

 

 

【ペルー】14角の石とか

クスコも3日目。朝ごはんを食べたあとはゲストハウスkurumiをチェックアウトし、道路1,2本超えたとこにあるcasa del inkaというゲストハウスに移りました。

f:id:kaasatrip:20180513102428j:image

ここは昨日再会したえみりさんが泊まってる宿。

明日から一緒にマチュピチュを目指すので、宿も一緒のほうがいろいろ都合がいいかということで。

この宿も日本人バックパッカー御用達らしく、一緒の部屋には昨日マチュピチュから帰ってきたという大学生の男の子に会いました。

名前も知らずに別れた男の子だったけど、彼はこの旅で4,5回強盗にあってるらしい。…多すぎやしないか?カメラやパソコンをちょいちょいとられつつ、マチュピチュもひとりで挑んだツワモノ。

帰国したら就活すると言ってたが、社会人になっても窮地をうまくこなしていく感プンプンしてました。いいね!

 

荷物を宿に置いて、今日はクスコ近郊の観光地周るというえみりさんに同行。

まずはクスコ中心地にある「12角の石」ってのを見に行きました。

名前はでっていうって感じですが、カッターの刃も通さないくらい精巧に石を組み合わせた城壁として有名らしい。確かに、12も角がある石にちょうどハマる石を作ってくのはめんどくさいなあ。それをやっちゃってるインカのパワースポットということですね。

 

こんなんでした。

f:id:kaasatrip:20180513100338j:image

 

…このにいちゃんがずっとどいてくれなかった!

 

とりあえず石見れたので、近くのオシャレカフェでランチ。

f:id:kaasatrip:20180513100921j:image

ミントレモナーダで乾杯し

f:id:kaasatrip:20180513101006j:image

サラダ盛り合わせをシェア!

城壁エリアは観光スポットらしく、他にも美味しそうなな店がたくさんありました!

 

その後も城壁沿いを歩いていると

f:id:kaasatrip:20180513101207j:image

 

ひっそりと、「14角の石」てのもありました。

f:id:kaasatrip:20180513101319j:image

この写真の真ん中上部にあるギザギザのやつですね。

たぶんこっちもすごいんだろうけど、小さくてあんまり注目してもらえてないみたい。かわいそ…

 

 

さて、私だったら今日はここで活動終了して宿とかでまったりモードになるとこですが、えみりさんはアクティブ!

(私がリマからクスコでグダグダしてた間に、イカでサンドサーフィンしてたらしい。)

午後からはマラスってとこに行きたいというんで、私も一緒についてくことに。

 

やっぱり一緒に行動する人がいると、やる気が出るね!

 

マラスの話は長くなるんで、ここで一旦しめますー。

 

【ペルー】クスコぶらぶら

たまごゲップ病の薬飲んだら、街を眺める余裕がやっとでてきた。

 

f:id:kaasatrip:20180512093719j:image

f:id:kaasatrip:20180512093952j:image

f:id:kaasatrip:20180512094057j:image

インカ帝国の首都だっただけあって、なんか歴史を感じる街並み。

 

マップスミーで街を一望できる丘があるというんで歩いて行ってみました。

宿から1kmくらいのとこ。

でも標高高いから、息がすぐに切れてしまう!

特に上り坂はやばい。一歩一歩確実に歩かないとめっちゃ苦しくなります。ここで生活してる人たち、富士山登頂とか余裕でできそう。

 

やっとたどり着いた丘

f:id:kaasatrip:20180512094533j:image

教会の広場にもなってるとこ。

クスコのオレンジ屋根がばーっと広がってるのを見渡して、インカすげえ〜ってなれます。

f:id:kaasatrip:20180512094744j:image

…この写真の左側、めっちゃスコール降ってますね。笑

 

さて、そんな観光スポットなので、もちろんお土産を売ってる方たちも。

f:id:kaasatrip:20180512094928j:image

先住民族インディヘナの衣装を着て、織物してるおばちゃん。

まだまだこの衣装は普段着みたい。

間近で撮影するとチップ言われるので、遠巻きに撮影させてもらってます。

 

…なんかね、こういう方たちのチップのせがみがすごかった。

 

この後私史上イチバンのペルー映えしてる写真が撮れたんだけど

f:id:kaasatrip:20180512095733j:image

後ろから撮ったはずなのにすぐ気づいてチップ言われました。目ざとい!

まあ、これが商売なんだろうなあ。

 

 

夕方からはリマで会ってたえみりさんと再会!

一緒にメルカドの食堂で夕飯。

f:id:kaasatrip:20180512100140j:image

f:id:kaasatrip:20180512100206j:image

f:id:kaasatrip:20180512100240j:image

店の前にベンチがずらっと並んでて食べるシステム。2列目は机ないので手で持ちながら食べる。

なかなかのローカル感があってよろしい。

食べたのはこれ

f:id:kaasatrip:20180512100505j:image

 

バナナのインパクト!笑

鬼盛りすぎて、食べ終わったら少したまごゲップ病が再発。

緊急だったのでマックでトイレを借りて難を逃れる。マック、トイレしか使わなかったけど何も言われずで良かった〜

 

さて、えみりさんとはこのままマチュピチュ一緒に行こうってことになり!

マックの近所にあったペルーレイルっていう鉄道会社でマチュピチュ村までの電車チケットを買ったりしつつ、クスコの夜を楽しみました。

f:id:kaasatrip:20180512101141j:image

この写真だと伝わりづらいけど、街灯がめっちゃ綺麗だった!遠くに見える家の明かりも!

 

あとは、なんかクイっていうモルモットをこちらでは食すみたいなんだけど、その売り方がグロすぎてまたたまごゲップが…ってなった

(閲覧注意です)

 

 

f:id:kaasatrip:20180512101611j:image

高校の生物の授業でネズミの解剖したの思い出した。