読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一周の、あれやこれや。

アイアムジャパン、ビッグガール!

【CONTIKI】day1:ロンドン出発

コンチキツアー1日目。

 

ホテルのランドリー待ちとかで寝不足のまま、朝6時に集合場所のRoyal National Hotelへ。。

 

 

このホテルに泊まって参加するひとも多かったみたいだけど、名前からして高そうなホテルなんでね。私は近くのホテルから歩いてきました。5時起き。つらい。

 

集合したみんなの装いをみるに、バックパック背負ってるひとがかなり少ない。
大体みんなでっかいコロコロバック。

みんないっぱいお土産買い込むのかなー?
それとも服いっぱい持ってきてるのかなー?

(後々わかってくるけど、正解はどっちもでした。)


6時過ぎに、また昨日のスタッフが何やらアナウンス。
どうやらバスのトランクに入れる荷物の重量チェックをするとのこと。
20キロ以内だったんで私は余裕でクリアだったけど、
重量オーバーで手荷物に移動させてるコロコロデカバックの子も。

ただ重量チェックはこのときだけだったんで、後々バストランクはどんどんパンパンになってってました。。。


そしていよいよコンチキバスの登場。

f:id:kaasatrip:20161217130140j:image

このバスで、3週間ヨーロッパを一気に駆け巡ると思うとわくわくです。


が、その時の私は全然テンションあがらず。
むしろついにこの時が来てしまった。。。
と胃がキリキリ痛みました。

そう。あれです。
バスの席です。

この初っ端に座った席で、今後の未来がかなり変わってきます。

 

 

 

4月、学校の始業式。
教室には出席番号で割り振られた席。
あの席順がどれだけ後々に影響していたことか…!

 


深呼吸して、いざバスに乗車!

座席は自由席。
うわーどうしよう。とりあえず前の席にいる子の方がひとりで参加してる率高そう!という直感により、
前から3番目の席でまわりの様子を眺めてた女の子の隣を目指す。

 

「私、ここ、座っていい?」
女の子 「もちろん!どうぞ!」

 

彼女の名前はNina。年齢は私の一個上。
オーストラリア人で保育士さんらしい。

Ninaは普段子どもと喋ることも多いからか、
私の拙い英会話でもちゃんと聞いてくれて、ジェスチャー入りでいろいろ話してくれるのでとてもわかりやすい。

 


よっしゃあああ!
ひとまず最初の難関は突破!!
ひとりめのコンチキフレンドができました!

 

バスは7時ごろ、まずはヨーロッパ本土へ向かうためにドーバー海峡へ出発。

 

 

次回、ドーバー越えのお話しです。