読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一周の、あれやこれや。

アイアムジャパン、ビッグガール!

【フィリピン】料理

フィリピンの、あれやこれや

フィリピン料理について書きまーす。

 
まず私は、
そもそもフィリピン料理っていうジャンルが
あるのかも知らないとこからセブに突入しました。
 
はい。フィリピンのことについてほとんど知らないままでした。笑
地球の歩き方を一応図書館で借りたのが出発2日前。
 
先に下調べするのは私にとって頑張ることなので('_')
 
 
外国の料理食べられなくても、
最初の国は日本人の留学先だし、なんか食べられるものあるだろうと思ってました。
 
 
でも初日から学校のみんなにフィリピン料理レストランに連れてってもらえ、
 
あ!大丈夫。私この味食べられる。
この脂っこい感じ、好きや。でした。
 
 
 
 
フィリピン料理は、甘くて辛くて脂っこいが基本です。
 
一歩間違えると、油ギトギトの料理になっちゃう感じのが多いですが、
そこはうまいことみんなやってます。
 
だからビールと合うんですねー。
ビール飲むと、フィリピン料理こいやあああってなります。
 
 
そんでだいたい焼きものです。
道ばたで、売ってるんだか売ってないんだかわかんないテンションで
バーベキューしてるひとが絶対いました。
 
大体近くにはやせ細った犬がうろうろしてるので、
私は結局近づけませんでしたが
アニョハセヨ〜と言われたことがあったので
多分売ってるんだと思います。
 
 
ちょっと高級なとこに行くと、
バナナの葉っぱが乗っかったプレートが1人ずつ用意されて、
大皿から食べたい分だけとりわけるシステムでした。
 
有名なのは豚のレチョン!丸焼き的なやつ!

 

解体後の豚がこちら。左に移ってるのが食べる部分です。

f:id:kaasatrip:20160511000800j:plain

グロいですねー
でもおいしいです。
 
 
おいしくはなかったですが豚の脳みそ入りチャーハンも食べました。

f:id:kaasatrip:20160511000756j:plain

 
 
 
フィリピン人はグロテスクなものが好きなんかなー
 
 
とか思ってたら、
さらに上を行くグロの極みフードがありました。
 
それがバロット!
 
※あまりにぐろいので画像載せません。
 
 
あひるのゆで卵なんですけど、
卵から雛が孵化する直前のものをゆでます。
故に、ひどいものは羽まで出来上がってて、
食べてるときに羽が引っかかるそうです。。
うえー!
 
 
私が食べたのは幸いまだ形があんまりわかんないやつでした。
味は親子丼でした。まあまあおいしいです。
 
 
 
バロットはフィリピン人にとって活力剤的な夜のソウルフードらしく、
カップルがあれやこれやをする前によく食べるらしいです。
私たちが食べてたときも、タクシーの運転手がお客乗せてるのに買ってました。
 
さすがタクシー。態度がでかい。
 
 
 
フィリピンに行ったときはぜひ、
思い出としてバロットを食べてみてください。
街角に座り込んでるおじさんかおばさんが発泡スチロールかかえてたら、
たぶんバロット売ってるひとです。
 
 
 
そしてバロットの他に、
見た目的にも、可愛さ的にも、
フィリピンの王道と言ってよいソウルフードが、ありました。
 
 
それがジョリビー!!!Jollibee!!!
 
 
フィリピンではマクドナルドを打ち負かし、
国民の胃袋をがっちりとつかんでいるファストフードです。
 
 
こういう企業イメージ。マックの立場。。。。
 
私もジョリビー大好きです!
好きすぎてTシャツ買いました。
 
 
次、ジョリビーについてがっつりと語ります。
 
ノージョリビー、ノーフィリピン!!
 
 

 

よかったらクリックお願いしますー

 

 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ