読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一周の、あれやこれや。

アイアムジャパン、ビッグガール!

【フィリピン】乗り物−後半

こんにちは

 
今日はマラッカのおしゃれカフェに行ってきました!
 
f:id:kaasatrip:20160506000137j:image
 
おしゃすぎるー!
ごはんもおいしかったです。
 
 
さて、時間できたので、ブログ書きます!
初、1日に2回の更新!
 
さくさく行こうと思いまーす。
 
他にもフィリピンのことで書きたいこといっぱいあるし!
 
 
 
まずはジプニーの紹介から!
 f:id:kaasatrip:20160506000347j:image
 
フィリピン式市内バスです。派手です。
一定の区間を往復で走ってるのを、止めて乗ります。
一応ジプニーアプリもあって、
これで大体の路線がわかりますが、
使ったことはありませんでした。
 
乗車料金はひとり7ペソ!約16円。笑
庶民の強い味方です。
大きいモールに行くときとかに利用しました。
 
バスのラッピングデザインは様々で、
映画のキャラとか、
ノーミュージックノーライフ的なスローガン書かれてたりとかしました。
最近フェイスブックがフィリピン支社を作ったとかで、
マニラではフェイスブックジプニーも走ってるみたいです。
f:id:kaasatrip:20160506000406j:image
 
車内も、照明が蛍光ランプだったり、
爆音鳴らすスピーカー付いてたりとか、
持ち主の趣味が出てて楽しいです。
バスから降りたいときは、
コインをバスにカンカンと打ちつけるっていうのも趣があります。
 
 
呼び込みみたいな人が運転手と別にいて、
バスの後ろにしがみつきながら
ヘーイ!とか、アヤラー!(モールの名前)とか言ってきます。
見た目満席でも、乗せてくれます。
超窮屈だけど。
 
地元民は呼び込みの人と一緒に
後ろにしがみついて乗ってました。
えええそこ乗っちゃうのおおお!と心の中で突っこんでました。
 
 
そしてこの、他のお客さんと密着した状態ってのが
やっぱり危ないみたいで、
スリとかもあるらしいです。
 
昼でも複数でいないと私は乗れなかったし、
荷物は抱えて持ってないとでした。
 
何もなければ楽しい乗り物なんですけどね!
 
 
 
そして最後にトライシクル!!
f:id:kaasatrip:20160506001152j:image
 
カーゴの中はこんな感じ。

f:id:kaasatrip:20160506003930j:plain

 
運転手のバイクの後ろに2.3人横向きで乗れ、
バイクの横についてるカーゴ?でさらに4人乗れる乗り物です。
 
カーゴ内は椅子に2人、
台みたいな椅子に1人、
折りたたみ式の椅子に1人で乗れます。
折りたたみ椅子の人は、体の半分以上外に出てる状態ですね!
足を踏み外すと、すぐに路上に投げ飛ばされます。やべえ。
 
 
私は最初はこんな危険な見た目の物に乗るのが信じられませんでした。
しかし、最後にはいちばんお気に入りの乗り物となりました!
 
 
全員乗るとまあ狭い乗り物ですが、
近所に買い物に行くには便利な乗り物です。
 
通っているところはジプニーと似てますが、
ジプニーでは通らない細い道とかも通ってます。
自転車をほとんど見かけなかったので、
そういうポジションなんだと思います。
 
(自転車こぐのは暑くてしんどすぎるから
メジャーじゃないんだと思う。)
 
これもひとり7ペソ。安い!
 
ジプニーもそうでしたが、
トライシクルってかなりオンボロです。
いろんなとこが錆び付いてて、
いつどっかが壊れてもおかしくない状態。
 
でも、キリスト像が置いてあったりとか、
ポスター貼ってあったりとか
こちらも運転手によってカスタマイズされており、
乗ってて飽きない乗り物でした。
 
まあ、砂埃とか入ってくるので気が抜けないんですけど。笑
私は初日にハードコンタクト付けて乗ってたら、
後で涙が止まらなくなりました。
 
 
 
学校の前の通りにもトライシクルは通ってたので、
いちばん手軽な乗り物でした。
 
交通手段としてタクシーを「タクる」というのと一緒で、
最後は「今日はシクッちゃおうか?」
という会話までできるようになりました!
 
 
 
毎回乗るたびに、どこの席に座るか悩みましたが、
私のお気に入りは、カーゴの折りたたみ式椅子のとこです。
いちばん砂埃かぶるけど、
いちばん外の景色が見えやすいです!
 
 
 
 
他のフィリピンの語学学校では、
タクシー以外使っちゃいけないというところもあるみたいです。
 
ジプニーで光りもののイヤリングつけてたら、
引きちぎられたというウワサもありました。
 
本当かはわかりませんが、
安全のことを考えながら乗れば、
他のローカル乗り物も大丈夫だと私は思います。
なにより、地元の人たちの様子も近くで感じられるのがよいです。
 
 
こんな感じでフィリピンにはカオスな乗り物がいっぱいでした。
 
街には砂埃と排気ガスの匂いが蔓延し、
運転手はだいたいマイペースなスピード狂でした。
 
でもそれが、この街の「らしさ」なのかもと思いました。
 
 
これから絶対発展していく街だと思うので、
この乗り物事情がどうなっていくのかも
とても興味深いです。
 
交通事故が減るように変化していったら、
もっとハッピーな乗り物たちになると思います!
 
 
くりっくおねがいしまーす
 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ